熟女相手に絵文字・顔文字をたくさん使うのってどう思う?

メル友が欲しくって出会い系などでメル友募集することもありますね。

特にポイント無料サイトなどでは、メル友としてどんどん女性と付き合うこともできますね。

そんなときに絵文字や顔文字ってだくさん使うのはどうでしょう。

男性が使うと、やっぱり軽薄、軽率というイメージになると言われています。

実際そんなことぐらいで?と思う人もいっぱいいると思います。

しかし、メル友状態のときって、お互い相手に対しての興味はとてもあるのにもかかわらず、情報というとメールの面だけですよね。

まるで目隠しをしたままの状態のようなものです。

ちょっと目隠しをしたことを想像してみましょう。

人は見えているときには特に何も気にならないことでも、目隠しをするとすごく敏感になることがありますよね。

目が見えないとなると、ちょっとした音や匂いに頼るようになりますよね。

それと同じ状態だと考えましょう。

メールだけしか情報がない場合はメールに対していろいろなことを想像しイメージするしか、相手を想像する材料がないわけです。

もちろんメールの内容もそうですが、書き方、特に文字の使い方なども普通以上にいろいろを感じてしまうものです。

相手を知っていたら、絵文字を使っても逆に分りやすいときもあり、それを何とも感じないはずです。

でも相手が見えないために、そこからどういう男性を想像するかというと、やっぱり重さのない男性というイメージになりやすいということです。

そんなふうに特にメル友のときには、メールがすべてなのに、それ以上のことを知ろうとお互いにしますよね。

もちろんそういう気持ちがあるから、メル友から現実に出会いができたり恋人になれたりするわけです。

もともとそんなつもりの無い人は自分も相手もなりすましでもなんでもいいのです。

バーチャルの世界でだけの付き合いと割り切っている場合はあまり相手を想像せず、逆に自分の勝手な想像をして楽しみます。

もし相手と出会いたいという希望を持っているなら、特にメールも注意した方がいいですよね。

だったら絵文字や顔文字はあまり使わない方がおすすめだと思います。