パパ活をしていて補導されることはあるのか教えてください。

パパ活は男女間の交際という建前ではあるものの、その実態は金銭の受取りを含めた特殊な付き合いとなっている場合が多いです。

したがって、通常の男女の交際と比べるとリスクが存在すると言え、その危険性は警察なども把握している状況です。

つまり、場合によっては補導や逮捕というケースがどうしても生まれてしまうのです。

パパ活をする女性が未成年の場合には補導される可能性がある

パパ活は年下の女性と年上の男性が交際する状況を指していますが、女性の側が未成年という場合があります。

この場合にはその未成年の女性が補導されるケースがあり、特にインターネット上の書き込みきっかけになりやすいです。

例えば、Twitter上で未成年の女性によるパパ活をにおわせる書き込みを警察が発見した場合、その書き込みをした本人にメッセージを送って注意を促すケースがあります。

しかし、それとは別に実際にその未成年の女性と接触し、補導をするというケースがあるのです。

サイバー補導の例は年々増えてきている

インターネット上から未成年の女性の危険な書き込みを見つけて、補導に至るケースは「サイバー補導」と言われる場合があります。

このサイバー補導は年々増えてきているので、未成年でパパ活、もしくはそれに類する危険性をはらんだ行為をする際には補導のリスクはつきものと言えます。

また、パパ活においては男性の方にもリスクがあると言え、相手の女性が未成年だった場合には逮捕されるケースがあります。

だから、未成年でパパ活を行う女性に関してもリスクはありますが、未成年の女性を相手にパパ活を行う男性に関してもリスクがあるのです。